Education

若者に人気

学ぶためにどれくらいお金がかかるのか

最近、nlpという学問を勉強する若者が増えています。nlpとは、神経言語プログラミングのことです。神経言語プログラミングとは、人間の経験に基づく身体の反応をプログラムとして捉え、そのプログラムの謎を解き明かす学問分野です。プログラムを明らかにすることで、身体の反応を意思によってコントロールすることを可能とします。こうしたnlpの知識を得たいと、若者が東京にあるスクールに殺到しています。月額10万円ほどの学費がかかることが多いのですが、それでも人気があります。それは、nlpを学んむことによって就職できた事例が報告されているからです。東京以外に、nlpを専門的に学べる場所はありません。良い講師が東京に集中しているのです。

今までの若者のコミュニケーション力

一昔前の若者は、子どもの頃、空き地や広場で仲間と一緒に身体を動かしながら遊んでいました。その時代の子どもは、遊びの中から他の子どもとのコミュニケーションを学び、大人になってからも人との距離感を適度に保つことができました。しかし、最近の若者は、小さい頃からひとりで家にこもってゲームをしていたので、他社との距離の取り方が下手です。nlpは、コミュニケーション能力を向上させる学問なので、コミュニケーションが下手な若者が、大人になってからこぞって勉強しようとするのです。特に、東京に暮らす若者は、就職が厳しいので、少しでも他の人より武器になるコミュニケーション能力を高めようと、スクールに通うのです。これを学ぶと、向上心も芽生えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加