Education

nlp人口拡大中

最強のコミュニケーションの手法として、世界中のトップレベル層に学ぶ人が増えてきている心理学です。

nlpというものが誕生したのは1970年代で、アメリカで確立されました。セラピーの3人の天才のスキルパターンを分析して体系化したものがnlpという心理学の一つなのです。それからもnlpは1990年代にはすでに「第三の世代」へと突入し、よりパワーアップしたものに進化を遂げていきました。そして現在では最強のコミュニケーションの手法として、世界中のトップレベル層に学ぶ人が増えてきているのです。コミュニケーションのためだけでなく、自分自身の目標達成のためにも使われるようになっています。人間の行動を決めているのはすべて脳のため、考え方を変えることによって、いま目標としていることに近づけるとされています。生きがいや目標を持って生きていくためにも、nlpは必要とされています。

就職や仕事などに役立つ一般的なスキルとして、学ぶ人が増えることも予想されます。

ちなみに日本ではnlpの協会というものが存在し、2007年に最初に東京でその原型となる研究委員会が発足されました。それから2008年に正式な協会が東京都千代田区で設立されています。今ではこの協会も東京をはじめ大阪や名古屋・福岡とその活動範囲も広がってきています。また当初は東京地区から始まった日本nlp協会認定のセミナーも、現在では日本主要都市を中心に全国各地で開催されるようになりました。今では日本の中でも欧米の人たちに劣らないくらいにnlpに関心を持つ人が増えてきて、そのスキルを身に付けるべく勉強をしている人が急増しています。さらに日本nlp協会認定のコースを開催するトレーナーの資格を取得する人も年々増えてきています。今後はさらに日本nlp協会の活動範囲が広がり、就職や仕事などに役立つ一般的なスキルとして、nlpを学ぶ人が増えてくることも予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加