仕事のために中古クレーンを買おう|購入時の注意点を徹底調査

動作や制御の確認

工事現場

補強フレームの状態も

不要になったクレーンは、買取業者に引き取ってもらうことができます。中古車同様に中古クレーンも、状態が良いほど買取価格が高くなります。そのため中古クレーンを買取業者に引き渡す際には、できるだけ状態を良くしておくことが大事です。具体的には、まずはクレーンの動作確認をしておきます。動かなくても買取対象にはなりますが、買取価格が大幅にダウンすることになるからです。もちろん動きが滑らかな方が、査定では高く評価されます。また制御性能も重要で、指示を出した瞬間にクレーンがピタッと止まるかどうかもチェックしておきましょう。さらに中古クレーンでは、補強フレームの有無も重要となります。これがシャーシに取り付けてあれば、その分買取価格が高めになるのです。重い物を吊り上げた時の負荷がかかりにくく、シャーシが折れたり曲がったりするリスクが少ないからです。もちろん補強フレームの状態も大事で、ぐらつきや歪みがないかどうかを、しっかりと見ておく必要があります。これらの点に特に問題がなければ、中古クレーンは安全に快適に使用できるということで、比較的高めの価格で買取されます。逆に中古クレーンを購入する際には、上記の点に気をつけて選ぶことが肝心となります。動作や制御がスムーズかどうか、状態の良い補強フレームが取り付けてあるかどうかを見て、購入するのです。これらに問題があった場合には、それを理由に値引き交渉をすることも可能となります。

Copyright© 2017 仕事のために中古クレーンを買おう|購入時の注意点を徹底調査 All Rights Reserved.