仕事のために中古クレーンを買おう|購入時の注意点を徹底調査

クレーン

故障率の低さが人気の理由

日本の中古クレーンは古いものでも、海外で高い人気を誇っているのので、廃車処理にはせずに売却するようにしてください。売却先は一般中古車を扱っているところではなく、重機を専門に買取している業者を選ぶようにしましょう。

重機

買取の方法とは

重機は専門の業者に買取してもらえます。買取の前には査定を行ってみてください。いくつかの業者に重機ね査定を依頼して金額を比較してみましょう。最終的に一番高い金額をつけてくれた業者と買取取引をしてください。

工事現場

動作や制御の確認

中古クレーンは、状態が良いほど買取価格が高くなります。具体的には、動作や制御がスムーズで、補強フレームが取り付けてあれば、高く評価してもらえるのです。また中古クレーンを購入する際にも、安全に使用するためには、これらの点をチェックしながら選ぶことが大事です。

クレーン

古くても買取ってもらえる

クレーン車は中古であっても人気が高いため、動かなくなったり古い年式のクレーン車でも中古クレーンは高く売却することができます。売却先は商用車専門の買取業者が良く、連絡をすれば出張査定に来てくれるので動かないものでも喜んで買取ってくれます。

重機

状態で決まる

重機の査定金額に関しては、多くのことで変化していきます。重機の買取で重視されているのがきちんと作動するということです、特に、足周りは入念にチェックされることも多いので整備をきちんとしておくことも大切なポイントです。

中古で購入するポイント

工事現場

ボディとブームをチェック

クレーン付きトラックは高額になるので、中古クレーンを購入することをお勧めします。街を自動車で走行していても、乗用車の中古車販売店はたくさんみるけれども、中古クレーンを扱っている業者や展示場をほとんど見ることはありません。中古クレーンや中古トラックといった大型の商用車はボディサイズが大きいので、街中に展示場を構えていることは少なく、ほとんどが郊外に展示場を構えています。展示場の場所を調べてから見にいってみてください。中古クレーンを選ぶ時には、ブームの長さをしっかりチェックしてください。ブームは多段式になっていて伸び縮みをすることができますが、長くなればより高いところや遠いところに届くことになるので、作業範囲が広くなります。しかしブームが長いと揚力が落ちてしまい、重い物を持ち上げる場合には、ブームがいくら長くても持ち上げることができずに長いブームが無駄になってしまいます。ブームの長さを選ぶときには持ち上げることになる物を考慮して、無駄にならない長さのものを選ぶようにしてください。中古クレーンはクレーンの能力が決められていますが、持ちあげるものによってトラックのボディの大きさも決めなければいけません。重さというよりも持ち上げるものが小さいものであれば、ボディは小さくても構いませんが、体積の大きいものを持ち上げる場合にはトラックのボディは大きくなければいけません。国内で使われているクレーンの製造メーカーは主に2社になりますので、これまで使っていたメーカーに不満がなければそのまま継続した方が操作系統で戸惑うことがありません。

Copyright© 2017 仕事のために中古クレーンを買おう|購入時の注意点を徹底調査 All Rights Reserved.